樹木葬(自然葬):東福寺塔頭 即宗院について

臨済宗東福寺派、大本山東福寺塔頭。嘉慶元年(1387)九州薩摩藩島津氏久公が、剛中玄柔禅師(東福寺第54世住持)を開山として建立。

薩摩藩の菩提寺 で氏久公の法名「齢岳玄久即宗院」から寺名とした。創建当時は現在より南に位置していたが、永禄12年(1569)に火災で焼失し、島津義久公が慶長18 年(1613)頃再建した。

その地は、関白藤原兼実公が晩年営んだ山荘「月輪殿」の跡で、国宝 「法然上人絵伝」にも描かれている。
寛政11年(1799) 発行のガイドブック「都林泉名勝図絵」にも名園として紹介されている。

庭園は現在京都市名勝に指定され、紅葉の美しさと千両の鮮やかさで有名である。

即宗院 自然苑 秋の庭園

即宗院 自然苑 秋の庭園

即宗院 自然苑 冬の庭園

即宗院 自然苑 冬の庭園

即宗院 自然苑 池から

即宗院 自然苑 池から

赤千両

赤千両

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>