Q.散骨について法的な問題はどうなっていますか?

A.散骨に関わる法律としては、下記に述べる2つの法律があります。

1つ目は墓地・埋葬に関する基本法である【墓地埋葬等に関する法律】
これは昭和23年に出来た法律です。
敗戦直後の混乱の中で、安易な土葬による伝染病などの広がりを避けるために、土葬あるいは火葬後の遺骨を墳墓などの納骨場所に埋蔵、収蔵することについて規定したものです。
すでに焼骨され衛生上問題なくなった遺灰を海や山に撒く自然葬(散骨)は想定されておりません。

2つ目の【刑法第190条死体等損壊・遺棄罪】については、故人を弔うための祭祀として、自宅に保管したり、散骨を行う事は
「葬送のための祭祀として節度をもって行うものについては遺棄罪にはあたらない」
との見解を国は示しています。

そして、散骨をするための特別の許可や届出は必要ありません。

ただし、骨と分からないよう粉骨しておく事が必要です。

加えて、風評被害を生じないためにもマナーとモラルがとても大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>