Q.最近、散骨が注目されていますが?

A.少し前までは、火葬した遺骨はお墓に納骨するのがあたり前でした。
しかし昨今、故人の遺骨を違った方法で、埋葬(厳密には埋めるとは限らないが)したいと考える人達もでてきました。

1991年、散骨の合法性を国が認めるきっかけをつくった「NPO法人葬送の自由をすすめる会」安田睦彦会長によれば
「差別、偏見憎悪と戦いに満ちた現世から、全て平等で安らかな世界への旅立ち。うみ・やまへ還る旅」と言っています。

このような考え方や、暗く冷たい墓に入りたくない。
自分は、好きだった海や山で自然(土)に還りたい。
あるいは、散骨される方の中には自分の死後、遺された家族や子供に高い墓や、その後に続くお寺さんとのつきあいで面倒かけたくないなどの理由の方もいらっしゃるようです。

「一部若しくは全部を散骨して欲しいと応えた人は全体の28.8%」(2009年:第一生命経済研究所調べ)

今や散骨は、変わった珍しい葬送ではなく、市民権を得た葬法になってきていることが伺えます。
また、統計には現れていませんが、散骨を業者に頼らないで故人の故郷や思い出の場所に家族で、と言う人も増えています。

博國屋店主、山崎も父の遺言をうけ、家墓に入れず兄弟孫たちで父母を故郷の海に散骨し、兄弟で手元供養し、両親を偲び、供養しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>