女性のお墓の悩み:嫁ぎ先のお墓に入りたくない

女性の本音?!、、最後は自分の安らげる場所へ
男性は、ほとんどの場合、妻に見送られることになります。
そして家墓がある場合、何も言わないでも自動的に夫はその家墓に入ることになります。
しかし、その家墓に舅・姑や知らないご先祖が入っているとなると事情が変わってきます。
妻は必ずしも同じ墓に入るとは限りません。いわゆる”死後離婚”です。

‘90年総理府のおこなった調査では、「家制度」の時代には考えられなかった「自分の両親」の墓に入りたいと女性の36%が回答しています。
夫婦が同じ墓に入ることは今や常識ではないようです。

また最近、お墓の生前購入(寿墓)と同様、手元供養の生前購入が増えています。

理由としては、「自分の死後、供養のことで子どもに迷惑や負担を掛けたくない。」や、「自分の選んだ手元供養となって連れ合いや子ども孫達とリビングで一緒に居たい!」との希望。
家族墓や夫婦墓ならいいが、生前苦労した舅、姑や顔も知らない夫の先祖の墓に入るのは絶対イヤ!と考える女性は意外に多いようです。

 
解決レシピ
①嫁ぎ先の墓には入りたくない、自然葬永代供養がいいと考えている人には、お墓以外の納骨方法をご提案いたします。
もちろん、自分の葬儀も供養も遺族が行うもので、自分で行えません。
望みを叶えるには、葬儀の主体者となる家族の理解が不可欠です。家族と話し合って理解の得られる納骨方法を決めましょう。
エンディングノートに自分の希望を書き、例えば樹木葬の生前契約や手元供養品の生前購入など自分の意志とともに具体性を持たせることで実現性が高まります。
 
樹木葬散骨本山納骨では 、将来遺骨の返還は出来ない場合がほとんどです。
納骨堂による永代供養でも一定の期間が過ぎると、合祀されお骨の返還は受けられません。
家族の理解を得やすくするためにも、日々の供養にご遺骨の一部をご自宅で手元供養とする組み合わせをお勧めします。
手元供養品を見る

 
手元供養解決物語
【家墓に入りたくない女性】
私の実家の墓は山のふもとにあり、妻は「知らない人ばかりで寂しい墓には入りたくない」と実家の墓に入ることを嫌がっていました。
しかし、貴社のHPで「おもいで碑」を見て、「分骨してリビングで家族と一緒にいられるのなら墓に入ってもいい」と考えを変えました。
不安を一つ減らして安らかに逝くことができました。
現在、妻はお地蔵様の中でリビングのピアノの上で家族を見守ってくれています。(鳥取市50歳)

 
夫婦別墓、実家のお墓に入ることを希望した人に理由を聞きました。
⇒明るい雰囲気の家ではなかったので、嫁ぎ先には入りたくない。
死んだ後まで気を遣うのはヤダ。〔40代女性〕
⇒夫と別を望むのではなく、自分の両親と同じ墓に入りたい。〔50代女性〕
⇒自分の生まれ故郷で、父母と共に眠りたい。〔50代女性〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>