供養の悩み:実家の親を供養したい

嫁いだ身、離れて暮らす実家の両親を偲びたい
手元供養品をご購入される女性の中で、実家の親を目立たないように供養したいという方は 驚くほど沢山いらっしゃいます。 男性の場合は長男には墓があるので、次三男は手元供養でというケースがよくあるようです。 また娘ばかりで実家の家墓が維持できず、お墓の整理にあわせて嫁いだ身である自分は手元供養で、という ケースが増えてきました。

 

解決レシピ
①お手元で遺骨を供養する手元供養をお勧めいたします。
手元供養にも様々なタイプがあります。
リビングや書斎に置いて語りかける部屋置きタイプや、シンプルなミニ骨壷タイプ旅行や外出時バッグに忍ばせるお守りタイプネックレスのペンダントや携帯・キーホルダーのストラップにしていつも一緒にいられるタイプもあります。

手元供養は大切な故人と自分との心のつながりとして行うものです。
しかしながら、やがて自分も死を迎えます。
手元供養の本尊ともいえるお骨は貴重なものですので、残されるものにとって困った形見とならないよう、役割を終えれば自分と一緒に棺に入れてもらい、縁を切る配慮が求められます。
⇒一緒にお棺に入れてもらうよう、親族に遺言を示しておく。
博國屋の手元供養品を見る

 

手元供養解決物語

【娘ばかりで継承できないお墓】
大阪府吹田市の主婦Hさん(53)は、妹(50)とともに竹製のお守りペンダントを購入されました。
2人とも嫁いでいるため、実家の両親の遺骨をペンダントに入れてお互いに身近で故人を供養し、 お墓についても「自分たちが元気なうちにきちんとしておきたい」と考えられました。
そして実家の墓は今秋、共同墓地へ整理することに決められたそうです。
ペンダントならどこへでも持ち歩けるし、自然素材なので私たちが死んだら一緒に棺に入れて焼いてもらえる」と話されました。

 

【一人娘で継承できないお墓】
一月に母親を亡くした大阪市福島区の主婦Kさん(43歳)は、一人っ子だったため、 京都市で暮らしていた両親の墓をどうするか、結婚後もずっと気掛かりでした。
「墓を作っても、年老いた父がいつまで墓参りできるか不安・・かといって母の遺骨を全部手放してしまうのも寂しくて・・・」
と悩んだ末、父親と相談して「手元供養」にしたそうです。
遺骨の一部を父は置き物型の手元供養品(おもいで碑・地蔵さん)に納め、ご自宅に置き、自分は竹製のペンダント(かぐや姫)に納めて肌身離さず身に着けていらっしゃいます。
そして、残りのご遺骨は「永代供養」をしてもらったお寺に納骨されました。
「私には兄弟も子供もいないので、ほんの少しでも母を感じられることで慰めになる。ペンダントはお守り代わりです。」

 

残された者の責任・・安心の選択は?
ご両親をはじめご先祖様が入っておられるお墓を無縁墓にするのは、心苦しいことでしょう。
継承できないお墓を整理して自分達に出来る供養の方法を考えるのも残された者の責任・・、嫁ぎ先への気兼ねもなく供養が出来、いつまでも両親に守られているような安心感を求めて選択される「手元供養」。
また供養は形ではなく心でするもの。
改葬後の遺骨は永代供養墓もありますが、山や海への散骨を希望される方も増えています。
子供達への負担を少しでも無くするために選ばれるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>