樹木葬(自然葬):即宗院 自然苑の樹木葬について

都市型樹木葬墓地では、シンボルとなる木などを配した芝生の下に埋葬しますが、即宗院の自然苑では、 古(いにしえ)の万葉の時代からおこなわれていた自然葬に近い弔いの方法です。

深い緑に囲まれた中、野趣豊かな小隈笹(コグマザサ)の下、地中深く埋葬されます。

「自然苑」は、昨今の家族像や価値観の変化から、お墓の継承者がいなかったり無縁への不安を抱えた人、一人暮らしの人や子供に負担をかけたくないと考える現代人にも安心で、やさしいお墓のカタチです。

自然苑は、三方に高木と瓦塀で囲まれた静かで落ち着いた空間となっていて、緩やかな3段の小隈笹に覆われた埋葬地となっています。
利用者は、小隈笹の それぞれの区画に埋葬されることになります。
たくさんの方々の墓が集まり、全体でひとつの墓となります。
個人墓であり、集合の墓でもあります。
即宗院の自然苑は永代供養墓です。

[主な利用者]
・ 自然が好きで静かに土に還りたいと考えている人
・ 子供に負担をかけたくないと考えている人
・ お墓の継承者がいなかったり、不安をもっている人
・ 一人暮らしの人 等々

即宗院 自然苑へ

即宗院 自然苑へ

自然苑 樹木楼

自然苑 樹木楼

自然苑 樹木楼

自然苑 樹木楼

自然苑 コクマザサ

自然苑 コクマザサ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>