永代供養:日蓮宗 常谷山妙泉寺について

日蓮宗 常谷山妙泉寺

妙泉寺は今からおよそ360年前、寛永11(1634)年に現在の地に開かれた日蓮宗の寺院です。

現在の江戸川区は下総国(しもうさのくに)に属しており、東葛西領、谷河内村(やごうちむら)に位置していました。
谷河内村は幕府旗本の松浦氏の領地でした。勘定奉行、松浦河内守信正(かわちのかみ のぶまさ)の奉納した写経塔、信正の肖像画が現存しています。

久遠廟の後方に安宅丸(あたけまる)稲荷堂があります。
安宅丸は徳川家光が幕府の威信をかけて建造した将軍家の巨大御座船(建造費十万両)ですが、その後同船が深川沖で解体され、船玉(ふなだま・船の守護神)が当山に遷されました。

妙泉寺山門

妙泉寺山門

納骨者名板

納骨者名板

久遠廟納骨者の合同位牌

久遠廟納骨者の合同位牌

永代供養墓「久遠廟」

永代供養墓「久遠廟」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>