小さなお墓:お客さまの声

「葬式いらない!お墓もいらない!」といって亡くなる人が年々増えているようです。

残される家族へ負担を掛けまいとの思いなのか?
個人の死生観・美意識なのか?

残された者はどうすればいいの?「小さなお墓」を選ばれたお客さまの声をご紹介します。

 

■手元供養(小さな墓)と散骨で妻を送る。(長野県70代男性)【お電話より】

ある日、「散骨は自分でできるんでしょうか?」という電話を受けとりました。
仕事ばかりで家のことは家内任せに過ごしてきたご主人からでした。
その妻が不治の病を患うことになろうとは。
ご主人は彼女が愛してやまない信州に転居し、最期を看取ったそうです。
「できますよ。」散骨の手順や留意点など相談に乗らせていただき、しばらくして、こ主人から再び電話がありました。
「老妻の希望通り、家族で千曲川に流してやりました。
息子は、自分が死んだら同じ川に散骨し、黒地蔵にしてあげる。と言っています。
とても感謝している。」とのお礼の電話でした。
今は奥様の代りとなったお地蔵さんの背中に焼き付けたメッセージは、
「おかんありがとう!やすらかに千曲川の流れに」とされました。

 

■地蔵さんを「小さなお墓」に。 【お手紙より】

母の逝去に伴って、供養の方法について色々と考えていた時、この手元供養という形にとても共感し、また亡くなった母の性格からしても、残された父の想いからも、一番最良の供養の仕方がそこにありました。
年に何度かしか行けないお墓を持つより、近くに母を感じる、またいつでも会える。という気持ちが何より大事ではないかと。
実際、手元供養といっても、このひろくに屋さんの他にも幾らかありましたが、地蔵さんであったこと、またその表情が何より気に入りました。
実際手にし、母を想いその表情を見ていると、知らぬ間に微笑んでいる自分がいました。
また父も「俺が死んだら、この横に置いてくれ」と大変気に入っています。
お墓を作っても継承の難しい時代。

大切な家族から偲んでもらえる「小さなお墓」が、その解決策の1つになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>