樹木葬:京都即宗院 一覧

臨済宗東福寺派、大本山東福寺塔頭。嘉慶元年(1387)九州薩摩藩島津氏久公が、剛中玄柔禅師(東福寺第54世住持)を開山として建立。
薩摩藩の菩提寺 で氏久公の法名「齢岳玄久即宗院」から寺名とされました。
その地は、関白藤原兼実公が晩年営んだ山荘「月輪殿」の跡で、国宝 「法然上人絵伝」にも描かれ、寛政11年(1799) 発行のガイドブック「都林泉名勝図絵」にも名園として紹介されています。
庭園は現在京都市名勝に指定され、紅葉の美しさと千両の鮮やかさで有名です。

樹木葬:即宗院の夏

樹木葬(自然葬):即宗院の四季(フォトアルバム)

画像をクリックして即宗院の美しい四季をお楽しみください。

続きを読む

即宗院自然苑の樹木葬

樹木葬(自然葬):「即宗院 自然苑の樹木葬」お申込から納骨までの流れ

不明な点やお尋ねになりたいことがあるかと思います。まずはお気軽にご相談ください。博國屋フリーダイヤル0120-169-281(平日9:00~...

続きを読む

荘嚴院住職 杉井玄慎

樹木葬(自然葬):即宗院 住職のことば

【即宗院の狸こと杉井住職が"自然苑"をかたる】「自然苑(じねんえん)」が即宗院の境内に設けられるそうじゃ。東山36峰の一つ、「慧日山」の麓に...

続きを読む

東福寺塔頭 即宗院 山門

樹木葬(自然葬):東福寺塔頭 即宗院について

臨済宗東福寺派、大本山東福寺塔頭。嘉慶元年(1387)九州薩摩藩島津氏久公が、剛中玄柔禅師(東福寺第54世住持)を開山として建立。薩摩藩の菩...

続きを読む

自然苑 樹木楼

樹木葬(自然葬):即宗院 自然苑の樹木葬について

都市型樹木葬墓地では、シンボルとなる木などを配した芝生の下に埋葬しますが、即宗院の自然苑では、古(いにしえ)の万葉の時代からおこなわれていた...

続きを読む

即宗院 自然苑 樹木葬

樹木葬(自然葬):即宗院 自然苑の樹木葬 費用と内容

■手元供養と合わせて納骨先までご案内費用1区画1人利用50万円、2人利用70万円。(1区画:25cm×25cm、2人利用は上下にて埋葬)※埋...

続きを読む