Q.分骨すると成仏できないのですか?

「分骨すると成仏できないのですか?」とご相談頂くことがございます。

これは根拠のない迷信です。
ある住職さんは、”供養したいと思う心”それこそが大切と申されます。

仏教を例に申しますと、お釈迦様のご遺骨(仏舎利)も、世界各地に分骨されています。
また、西日本では、五体の一部づつしかお骨上げをいたしません。
既にこの時点で分骨されています。

仏教でも中陰(49日)ののち故人は浄土で仏さまになると言われています。
49日を過ぎれば故人はすでに成仏しているのです。

「故人が成仏しない」などというのは、根拠のない迷信です。
これは慣習です。根拠はありません。

遺骨は、故人の生きた証であり、故人を偲ぶ大切な手掛かりです。
遺族の気の済むまで置いてあげればいいのです。

実際に、自宅に骨壷を安置され、それによって癒されたり、元気をもらっている人は沢山いらっしゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>