Q.遺骨を分骨しても、自宅に置いてもいいのですか?

遺骨を分骨しても、自宅に置いてもいいのですか?

遺骨を分骨すること、ご自宅に保管することは、遺骨の扱いに関する法律「墓地、埋葬等に関する法律」からも全く問題はありません。
ご安心下さい。
お気持ちが落ち着くまでそばに置いておかれることがよいと私どもは考えております。
そのまま生涯そばに置いておくことも問題はございません。

一般的に、お墓への納骨が当たり前のように考えられておりますが、そのような法律もございません。
ですので、火葬後のご遺骨の扱いは埋葬許可のある墓地霊園以外に埋めなければ、家族での分骨(お骨を分けて持つこと)、海への散骨、自宅に保管(手元供養含む)は自由に行うことができます。

どうぞ亡くなられた貴方様・ご家族様にとって一番良い方法をご検討なさって下さい。
尚、手元供養は、遺骨を骨壷にかえてオブジェに納めるとお考えください。
自宅では仏壇や家族と一緒に過ごせるリビングに置かれる方が多いようです。

実際に、手元供養で、自宅に骨壷を安置され、それによって癒されたり、元気をもらっている人は沢山いらっしゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>