樹木葬(自然葬)とは?

樹木葬は、墓石等を墓標とする従来のお墓とは異なり、生きた樹木を墓標とすることで自然に還りたいという願いを叶える葬法として近年人気を集めています。

樹木葬(里山型)の始まりは1999年、岩手県一関市「祥雲寺」に始まります。
里山の環境再生と墓石の替わりに自生する花の咲く灌木を墓標とした墓地は、それ以来、全国の多くの人の共感を得てきました。

里山型樹木葬の人気が高まると、墓参に便利な都市近郊でも、みんなが集える新しいタイプの樹木葬地ができないか?という声に応え、2005年NPOエンディングセンターが東京都町田市「いずみ浄苑」内に桜をシンボルとした樹木葬地を開設しました。
これが、都市型樹木葬の始まりです。

・ 都市型樹木葬墓地は、シンボルとなる木の下に個別区画で埋葬される集合型の墓です。

・ 都市型樹木葬を選んだ人の理由としては、
自然に還ることができる。そして地中深く埋められた自分の骨が芝生の下でシンボルとなる花木の栄養となり、毎年、時期が来ると美しい花を咲かせてくれる、というロマンティシズムや、 子どもたちに負担をかけない、といったところが利用者に共感されています。

 

樹木葬 自然苑

樹木葬 自然苑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>